阿佐ヶ谷の不動産会社!花善の社長ブログ

阿佐ヶ谷の賃貸と杉並区の不動産は花善(ハナゼン)におまかせください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

グーグルの誘導ページについて

最近グーグルが、「誘導ページ」について発表しました。
誘導ページに対して、近くアルゴリズムを変更するようでちょっと心配です。

勿論、私のHPは問題ないと思っておりますが。

私は、こういったSEOの専門家ではなく、

ごくごく一般の不動産会社でHPを触っているだけなので、

詳しいことは解りませんがあちこちで話題に上っているようなので、

今回はこのことについて書いてみます。


まずは、グーグルが言っている「誘導ページ」とは何か・・・

私が思うに誘導ぺーじとは、

ユーザーを誘導することだけが目的で作られ、

検索エンジンの上位表示を狙ったページで

特定のページに誘導するためにたくさん作成され、

コンテンツ(内容)のないページや

一部の文章や一部の地名だけ変更したページの事を

誘導ページといいます。

そうすると問題は、皆様のサイトやブログが

誘導ページに該当するか否かです。

私の説明が間違っている場合があるので、

詳しくはページの一番下にグーグルのガイドラインを見てください。

私なりの解釈では、

○検索エンジンのために、そのページを作っていないか。

○そのページはユーザーに内容のあるコンテンツがあるか。

○検索エンジンのためでなくユーザーのために作られたページなのか。

これが誘導ページかどうかの判断になります。

たくさんのブログやサイトがあっても、それがオリジナルで、

内容のあるコンテンツで有益な情報だったら、
問題は無いと思います。

それがグーグルの考え方だと私は思っています。

皆様も自分のサイトについて考えてみてください。

皆様のサイトが誘導ページだった時は、

そのページは検索エンジンでの検索順位が下がることになるでしょう。

これを回避するには、オリジナルで

しかも内容のあるコンテンツに作りかえる必要があります。

誘導ページについて 
スポンサーサイト

ブログ | コメント:0 |
<<Pureism国際展 阿佐ヶ谷アートストリート | ホーム | お久しぶりです>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。